...marker...  

rival seo対策

Webサイトのseo対策やリスティング広告を
載せる際には、サイトやページに関係がある
キーワードを設定する必要があります。

但し、実際には、サイト等に関係がない
検索ワードでも、広告等が表示される
ケースもあり、余分な宣伝コストがかかって
しまいます。

コストがかかる

それ故、seo対策としてコンバージョンに
結びつかないキーワードに関しては、
「除外キーワード」に登録する必要があります。

グーグルアドワーズの初期設定では、
キーワード設定方式として、従来3パターンの
「絞込部分一致」があります。

その一つが「部分一致」で、キーワードや
関連ワードが広く網羅され、幅広い宣伝効果が
あります。

但し、意図しないキーワードでも検索されて
しまうので、無駄なコストがかかるリスクが
あります。

次に挙げるのが「フレーズ一致」で、
設定されたキーワードが語順通り検索された
場合に、広告やサイトが表示されることに
なります。

seo対策におけるグーグルアドワーズの
キーワード設定で、最も絞込性が高いのが
「完全一致」です。

語順やスペースも含めて、完全に一致した
時だけWebサイトや広告が表示されるので、
集中してコストをかけられるメリットがあります。

そして、現在では第4の絞り込み機能として、
ブロードマッチキーワードが提供されています。

ブロードマッチキーワードは部分一致と
フレーズ一致の中間に位置する絞込で、
部分一致の拡張性を制限する特徴を
持っています。

それにより、従来はグーグルが関連性が
あると判断した場合に、意図しない広告表示や
サイト表示が行われるケースも多くありました。

ブロードマッチキーワードでは、拡張を望まない
ワードの前に「+」を付けることで、無駄な
表示を抑えることができるわけです。

無駄を抑える

ブロードマッチキーワードによってサイト表示や
広告表示を精密にコントロールすることで、
コストパフォーマンスの高い、効果的な
seo対策に繋げられると言えます。

since 2012-2019 (C) rival seo